昔、一時的にアメリカのボストンからの宣教師団たちによって厳しく禁止されました。
フラダンスは、ハワイ生まれで、ショーや習い事などで
ハワイではもちろん、日本でもとても人気のあるダンスです。
フラを学ぶための教室をハラウ、フラの教師をクムと呼ぶ。

昔禁止された理由として、フラの衣装がみだらにうつったのも理由の一つのようです。
世界的・一般的には英語の踊りを意味する「ダンス」を補い、
「フラダンス」と呼ばれることが多い。
フラの始まりについては、伝説として語られてきたものなので、確かではありません。
フラダンスは大人の習い事のイメージがありますが、
子供からご年配の方まで幅広く人気があります。
心も身体もやわらかく、ほぐれていく感じを味わえます。
フラ(ハワイ語表記:hula)はハワイの伝統的な歌舞音曲であり、
ダンス、演奏、詠唱、歌唱の全てを含んでいる。
昔禁止された理由として、自然崇拝が挙げられます。野蛮でみだらなものとみなされたのです。
カルチャーセンターを始め、新聞の折り込みチラシの
習い事一覧や、雑誌、インターネットなどで紹介され、

在庫を大量に抱えなくても出版社や卸から取り寄せればよい。
オンライン書店で本を買えば、重たい本を家まで運ばなくて済む。
パターン配本により、いらない本まで送られてくることがある。
出版・印刷業界では出版社を版元、卸業者を取次、小売店を小売書店と呼ぶことがある。
大手書店の対抗策として一部の書店では、ある分野に特化した品揃えを行い差別化を図っている。
パターン配本ではよく売れる必要とされる本が来ないことがよくある。


天気予報には統計学の考え方も取り入れられている。
赤道付近では、太陽の熱の影響で海水の温度が暖められやすい。
最近は、短時間に狭い範囲で非常に激しく降る雨(ゲリラ豪雨)も頻発しています。
ピンポイント天気予報は本当に当たるのであろうか?
最近は、「ピンポイント天気予報」があり、市内・町内の天気も見られる。
テレビや新聞の天気予報は気象庁よりデータをもらっていることが多い。
気象衛星画像、レーダー画像などが見られる。
気象庁が発表する台風情報では最大風速が17.2m/s以上を「台風」と呼ぶ。
天気や温度・雨量などがアメダスでわかる。
気象庁は様々な「防災気象情報」を発表しています。
気象のことを知りたい場合は、気象庁のサイトを見ると良い。
インターネットでも天気予報がいつでも見られるようになった。
台風や前線による大雨の際は、崖崩れや土石流、川の氾濫などに注意しましょう。
初夏から秋にかけて、台風や前線の影響で、大雨や洪水が起こりやすい。