フラ・アウアナ



フラダンスの中で、フラ・カヒコと共に使われる言葉として、フラ・アウアナがあります。
アウアナとは、漂う、揺れる、定まらないという意味があります。
つまり、形が決まっていないフラのことをフラ・アウアナと言います。

古代の・古典的なフラ・カヒコを基本として、現代版に応用させた踊りがフラ・アウアナです。

19世紀以降、欧米の文化が入り、欧米の音楽を取り入れて新しく作り出されました。
※機能和声システムに基づくメレと、和音を出すことが出来る楽器を使用するのが、
フラ・アウアナの特徴で、フラ・アウアナといえばコレ!といった決まった形・型はなく、
現在でも新作が創られ続けてます。
(※機能和声システムとは:Cメジャーとかコードネームによって作られているコード進行で
曲が成り立っているもの)

フラを楽しむだけなら、フラ・アウアナだけを学ぶかたもいるようです。
教わる教室・教材によって、踊りや音楽、楽器の型・形が違います。