心も身体もやわらかく、ほぐれていく感じを味わえます。
一神教であるキリスト教にとって、自然を崇拝するフラは邪魔であったのです。
誰でも、少し覚えるだけで踊れるのが特徴です。
フラ(ハワイ語表記:hula)はハワイの伝統的な歌舞音曲であり、
ダンス、演奏、詠唱、歌唱の全てを含んでいる。
フラを学ぶための教室をハラウ、フラの教師をクムと呼ぶ。
一見すると楽そうに見えますが、意外と運動量が多く、体の引き締め効果があります。
ハワイが本来の発祥の地とのことですが、タヒチが起源であるという説もあります。

フラダンスは大人の習い事のイメージがありますが、
子供からご年配の方まで幅広く人気があります。
昔禁止された理由として、フラの衣装がみだらにうつったのも理由の一つのようです。

大規模小売書店や大手卸業者の多くは、出版部門を持っている。
配本された本は書店で陳列され販売される。
本は、知識の宝庫であり、書店だけでなく、図書館でも借りることができる。
大手の書店は明治期、大正期から続く出版社は古書店を含めて小売書店からできたものが多い。
出版・印刷業界では出版社を版元、卸業者を取次、小売店を小売書店と呼ぶことがある。
オンライン書店で本を買えば、重たい本を家まで運ばなくて済む。
最近では、電子書籍があり、スマホ、タブレットなどで無料で試し読みもできる。
大手書店の対抗策として一部の書店では、ある分野に特化した品揃えを行い差別化を図っている。
委託販売制を取っているので、一定期間を過ぎても売れ残った本は取次を経由して出版社に返却される。


赤道付近の暖かい海で暖められた空気は激しく上の空へと上がって行く。
梅雨前線や秋雨前線は、ときどき大雨を降らせます。
熱帯や低緯度地方で熱帯低気圧がよく発達する。
台風や前線による大雨の際は、崖崩れや土石流、川の氾濫などに注意しましょう。
防災気象情報を有効に活用し、早め早めの防災行動をとりましょう。
初夏から秋にかけて、台風や前線の影響で、大雨や洪水が起こりやすい。
気象衛星画像、レーダー画像などが見られる。
インターネットでも天気予報がいつでも見られるようになった。
最近は、短時間に狭い範囲で非常に激しく降る雨(ゲリラ豪雨)も頻発しています。
7月から10月にかけては、日本に接近・上陸する台風が多くなる。
気象庁のホームページでは、資料とデータが豊富にある。
気象庁が発表する台風情報では最大風速が17.2m/s未満を「熱帯低気圧」と呼ぶ。
雨で増水した川を見に行くことは大変危険です。流されたり、転落することもあります。
インターネットの気象予報は、情報がたくさんのっていて便利である。