フラダンスのイベントは全国各地で行われています。
最近のイベントですと、7月上旬に、
ハワイ島で開催される
モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバルの日本予選大会が、
宮崎県で行われました。

昔、一時的にアメリカのボストンからの宣教師団たちによって厳しく禁止されました。
フラダンスは大人の習い事のイメージがありますが、
子供からご年配の方まで幅広く人気があります。
昔禁止された理由として、フラの衣装がみだらにうつったのも理由の一つのようです。


フラダンスは、ハワイ生まれで、ショーや習い事などで
ハワイではもちろん、日本でもとても人気のあるダンスです。
フラ(ハワイ語表記:hula)はハワイの伝統的な歌舞音曲であり、
ダンス、演奏、詠唱、歌唱の全てを含んでいる。
人気の教室では、定員一杯となりお断りされる教室もあります。
フラの歴史とハワイは密接に関係しており、ハワイの歴史知るにはフラが欠かせません。
一見すると楽そうに見えますが、意外と運動量が多く、体の引き締め効果があります。
観ても楽しいですが、踊ることでさらなる楽しみが増えます。
神話の中に神々がフラダンスを興じる様子が描かれています。

書店の種類の一つとして広い駐車場を確保して車での利用者を狙うチェーン店がある。
そのほとんどが雑誌であり、コンビニエンスストアは、日本の雑誌の実に4割近くを販売している。
大手の書店は明治期、大正期から続く出版社は古書店を含めて小売書店からできたものが多い。
オンラインで本を買うにはインターネット上で、タイトル・著者などで検索する必要がある。
近所の書店が閉店でも宅配する時間を指定することで欲しい本の在庫があれば確実に購入できる。
書店とは異なるようだが、夜遅くまで営業しているコンビニエンスストアも競合相手である。
最近では、電子書籍があり、スマホ、タブレットなどで無料で試し読みもできる。
大規模小売書店や大手卸業者の多くは、出版部門を持っている。


夏や秋は、自然災害が発生しやすい季節です。
道路が舗装された都市部では、道路や住宅の浸水、地下街の水没なども起こります。
インターネットの気象予報は、情報がたくさんのっていて便利である。
天気予報には統計学の考え方も取り入れられている。
テレビや新聞の天気予報は気象庁よりデータをもらっていることが多い。
赤道付近では、太陽の熱の影響で海水の温度が暖められやすい。
気象庁のホームページでは、資料とデータが豊富にある。
7月から10月にかけては、日本に接近・上陸する台風が多くなる。
最近の天気図は、アニメーション表示により、動きがみられる。
梅雨前線や秋雨前線は、ときどき大雨を降らせます。